T塚歌劇団やらJ事務所やら、なんだかんだを愛という名の分厚い色メガネを通して綴るせつこの腐女子日記です。 特撮、ドラマ、アニメも好きというミーハーぶり。あとジャンル問わず前髪が大好物(いらない情報)。
DO人要素アリ+欲目過多なのでご注意を☆
ちなみにT塚もB/Lとして扱っております。
本名で呼ぼうが愛称で呼ぼうが、管理人的にB/L扱いなのは変わりませんので、そこのところよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
俺は革命の夢を信じている
すかぴん、まさおブランの楽を観て来ましたよっ!!!
見終わってから、妹と一緒に「なんでまさおくんはあんなにカッコイイんだろうねぇ〜〜♥♥♥」ってずーっと言い合ってました
あの地を這う低音ハスキーボイス・・・たまらないですね!!
フィナーレの剣舞もクールな顔で躍っていてカッコよかったです

っということで、以下はまさおブランとみりおアルマンの感想です。2人の話しかしてません。
そしていつも以上に下世話な内容になってるかもなのでお気をつけ下さい。 

 ・・・・・・・


まさおブランはすっごい怖かったです。
抑えても隠し切れない感情が常にブスブスとくすぶっているような感じで、感情を露にする場面の迫力がもう、「この人大丈夫・・・?」ってくらい鬼気迫ってました。
みりおブランは常にクールなイメージだったので、ちょうど好対照でいい感じかも。
例えば、仮面舞踏会でマルグリットに「聞き出したのか!」って食い付くところはみりおブランだと意外な感じだったんですが、まさおブランなら「そうだよね、それくらいガッつくよね」って印象でした。

震えたのが
メルシエに「アルマンの奴、鞭打ちにしますか?」と聞かれて
「お前は手を出すな、俺が処理する」と言ったまさおブランが、どう見てもヤる気満々だったことです。
うああみりおくん逃げて!!って叫びたくなるくらいのS顔!うへえ!!
ここ、みりおブランの場合は「え?処理って何?何しちゃうの?」ってワクワクする感じだったんですが、
まさおブランは「うわあこの人もう絶対ヤる事しか考えてないよ!こわああ!」って思うくらいひどい顔してました!ああもうこの人好き!(え)
そんなまさおブランですから、鞭もお手のもので。
なんでそんなに鞭が似合うんですか!そしてなんでそんなに鞭の扱いに慣れてるんですか!!
全然手ぬるくないよ!!この人絶対裏でもっと酷い事してるに違いないよ!!(ガタガタ)
も〜・・・次回のショーで、まさおくんが鞭持って丸々1曲踊る場面が見たいと思うほど、身体に馴染んでらっしゃいました。
しかも、アルマンのみぞおちを殴る場面も、部下を殴る場面もすごい慣れていてですね、あまりに期待を裏切らない出来に感動してしまいました。そうですよね。まさおくんならこれくらい、普通にこなしますよね!!
ああでも、みりおアルマンも強情そうでね・・・彼は何されても絶対口を割らなそうだよね。
で、例の「死をもって報いるのが当然だ」の台詞なんですが、彼はこれをふっつーに、「ケーキには紅茶だよね」ぐらいのノリで、さも当然のように口に出していて、別の意味で震えました。
あれ?この子大丈夫?壊れてない?ブランさんの拷問が酷すぎたせいで可哀想なことになっちゃったんじゃ・・・って心配になるくらい、あの綺麗な顔で軽く言ってのけてました。おおおおおお。
あ、でもむしろみりおアルマンは元々天然Sの可能性も。
鞭の場面、みりおブラン×まさおアルマンは遠慮がちなS×虐めたくなるMって感じだったんですが、
まさおブラン×みりおアルマンだと、どう見てもガチS×天然Sにしか見えなくて、水面下ですごい攻防を繰り広げていたんじゃないかと無駄な邪推が広がっております。。。

あ、ちなみに今回の「私の衣装をお貸ししましょう」のアドリブは、
パーシー「ベージュのスーツに腹巻き、スーツケースを持ってフーテンの寅さん風スタイルに。
あなたとはしばらく会わない気がするんですよね、旅に出たらどうですか?」

ブラン「はぁ(薄笑い)、そうですなぁ。では、旅に出させて頂きます。」
パーシー「ええ、じゃあまた東京あたりで」
でした

まさおブランで好きだったのは「革命は成功したはずだ!なのに安らげる日は来ない。」って歌うとこと、「栄光の日々」です。
革命の夢を信じて「生きている限り戦い抜いてみせる」っていう闘志溢れる感じが正にまさおくんにピッタリでした。
この人はきっと猪突猛進に、自分が信じる道をひたすら走ってきたんだろうなぁ、という感じで。
元カノマルグリットにあんなに拒絶されてるにも関わらず全く動じず アタックし続けてるのも、彼の性格ゆえなんだろうなぁ、と。あまりに真っすぐすぎて、世界も彼女も変わってしまっている事に気づけないんだ。ううん可哀想な人・・・。
どちらかというと、私にはまさおブランよりみりおブランの方が年上に見えました。
たぶんみりおブランの方がクールで落ち着いていて渋いからだと思います。あとアゴヒゲ。
まさおブランは感情の赴くまま突っ走る熱さが若く見えました。
どちらがどうという訳でもなく、どっちも素敵だしどっちも好きですね♥♥♥

みりおアルマンは、仲間のイギリス紳士達と比べても一番育ちが良さそうに見えます。
持ち前のキラキラ貴公子オーラ全開でした
でもマリーとのバランスはまさおアルマンの方が良かったかなぁ、と思います。
「初めて狩りをした!」って台詞、嘘ついてるはずなのに、まさおアルマンはすごく嬉しそうに言ってて「そうなの、良かったねぇ」って思わず言いそうになるんですよ。人柄の誠実さやマリーへの愛情がダダ漏れなのが微笑ましくって。思わず微笑んでしまうんですよね。
みりおアルマンは慇懃無礼で言ってることは正しいことばっかりなのに、何故か隠し切れないSっ気が気になって・・・。あれですかね、まさおブランがあれだけS全開だから、みりおアルマンもつられて出ちゃったんでしょうか。
個人的な意見ですが、みりおアルマンはまさおアルマンより男らしかったです。(「フランスは近いぞー!!」とか) だから気の強いマリーとの関係がしっくりこなかったのかなぁ、と思ったり。

結果、私としては、どちらのCP(CP言うな)も非常に楽しくて、どちらもウキウキしながら見てました。リュウリオいいですね。しかもこの役替わり最高ですね!!2人共すごく良かったです!!大好き!!

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 一番ツボだったのは、古田さんの生足をブーツで踏んでいた天海さんです 今ハマってるドラマ >>
スポンサーサイト
| - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

ブログ傾向

宝塚ファン歴13年目、ジャニは物心ついたときから大好き☆平成ライダーは空我から見てます!なせつこのブログです☆ 時によって振り幅はあれど、「どれも大好き!みんな素敵!」な精神でどちらも愛でています。 ただレポとなると、お気に入りさんピンポイントな感想になってしまう事多々あり(汗) 完全関西人なので、ムラ中心、大阪中心の観劇になります。 東京の出来事にはかなり疎いので、よろしく! ちなみに、当ブログはリンクフリーではありません。もしこんなブログでもリンク貼ってやろうって方はコメント欄で結構ですのでお知らせ願います。

好きな生徒さん  ()内はブログ内愛称

花→華/形/ひ/か/るさん(みつるくん) 、  雪→音/月/桂さん(キムちゃん)、緒/月/遠/麻さん(オヅキくん)、早/霧/せ/い/なさん (ちぎくん)、  月→龍/真/咲さん(まさおくん)、明/日/海/り/おさん(みりおくん) 、 星→柚/木/礼/音さん(レオンくん)、紅/ゆ/ず/るさん(ゆずるくん) 、 宙→大空/祐/飛さん(ゆーひさん)、春/風/弥/里さん(みーくん)。

好きなジャニっ子

基本的にJr担。 でも、Jrの頃から応援していたKinKi、タキツバ、KAT−TUNには今も変わらぬ愛を注いでいますvv Jrでのお気に入りは、きすまい2の藤/ヶ/谷/太/輔くん、ぼいずの濱//田崇//裕くんですvv

基本カプ

2451、T-T・N-T・AK(勝)、SN・JS(気象)、KF・FK・Y2・S2・2S・MT(キス舞)。

あわせて読みたい

あわせて読みたい
みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored Links